スポンサーリンク
スポンサーリンク

Ado 全国ツアー2023「マーズ」セトリまとめ

当ブログはPRを含みます
当ブログはPRを含みます
アーティスト

2023年6月29日から、Ado 全国ツアー2023「マーズ」が開催されました。

9月16日(土)神奈川公演に行きました。セットリストをまとめました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カムパネルラ(初回限定盤)【Blu-ray】 [ Ado ]
価格:5,529円(税込、送料無料) (2023/9/17時点)


セットリスト

01 踊(Bon-Odo Remix)
02 私は最強
03 FREEDOM
04 阿修羅ちゃん
05 ウタカタララバイ
06 飾りじゃないのよ涙は(中森明菜)
07 Unravel(TK from 凛として時雨)
08 ヴィラン(てにをは)
09 ブリキノダンス(日向電工)
10 レディメイド
11 行方知らず
12 夜のピエロ
13 花火
14 向日葵
15 リベリオン
16 アタシは問題作
17 Tot musica
18 うっせぇわ
19 DIGNITY
20 いばら
アンコール
21 逆光
22 唱
23 新時代

約2時間30分の公演でした。

@ado1024osenbei Ready for my show? #Ado #Show #唱 #横アリ ♬ Show – Ado

ライブを見た感想

チケットの販売が4月くらいにあって、抽選申し込み期間が終わるギリギリにファンクラブに入って申し込みました。

顔は見えないだろうから、安いA席にしました。

座席はステージに近いスタンド東でした。

会場に入る前の入場口の待機列の雰囲気が他のアイドルのライブとは違って、個性的な人が多かったです。幅広い年齢層の人がいました。

この日は寝不足でかなり眠かったのですが、ライブが始まってからは眠気が吹っ飛びました。

いきなり踊のリミックスバージョンを披露。

テンション上がりました。

正直、有名な曲を知っている程度でしたが、圧倒的な歌唱力でめちゃくちゃ楽しかったです。感動しました。

歌い終わった後の間でファンが「Adoちゃ〜ん」など叫んだり、圧倒的な歌声に感心している雰囲気がありました。

今回の公演のタイトル「マーズ」は、将来、人類が移住するであろう火星を意味していて、目指すべき場所みたいな感じでAdoが思いを込めたタイトルだそうです。

ステージの構成はシンプルで、真ん中に大きなスクリーン、Adoは籠?の中で歌唱、その下にバンド。

ステージは暗くて、Adoの姿はほとんど見えず。何となく踊っている様子は見えました。

歌声ひとつで、これだけ多くの人を魅了するのは凄いなと思いました。

Tot musicaで倒れたと思いきや、その後うっせぇわを披露。痺れました。

アレンジが凄かった!というかもう叫んでるに等しいような歌い方でした。

これだけの楽曲を連続して1人で歌える体力がすごい。

新曲も披露してくれました。

トークの時に、横浜アリーナということで横浜の話になり、

Adoが小3の時に家族と中華街に行って栗を執拗にオススメされた話と、逃走中のドラマ部分が好きなことなど。

Adoもバズーカをやりたいということで、両手が塞がりマイクを持てなくて地声で話すから静かにしろという命令で一斉に静かになりました笑。

転売しないでねと注意してました。

アンコールで3つの目標を宣言していました。

・グラミー賞を取ること
・世界最大の音楽フェスコーチェラ出演
・誰も成し遂げたことない規模での世界ツアー

顔も出さず、これだけの影響力を持っているAdoなら達成できると思います。本当にカッコいいなと思いました。

からのラスト新時代を披露。最高でした。

ツアー最終日に国立競技場でのライブ開催が発表されました。

今後の活躍も楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました