櫻坂46 デビューカウントダウンライブ セットリストまとめ

欅坂46、日向坂46

2020年12月8日(火)に、全国の映画館にて、櫻坂46のデビューカウントダウンライブのライブビューイングが行われました。セットリストをまとめました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Nobody’s fault (初回仕様限定盤 Type-A CD+Blu-ray) [ 櫻坂46 ]
価格:1633円(税込、送料無料) (2020/12/8時点)


セットリスト

0 Overture
1 Nobody’s fault
2 ブルームーンキス
3 最終の地下鉄に乗って
4 plastic regret
5 なぜ 恋をして来なかったんだろう?
6 半信半疑
7 Buddies
8 櫻坂の詩

約1時間半の公演でした。


ライブを見た感想

ライブ全体を見て思ったのは、

ああ、本当に新しいグループに生まれ変わったんだな

ということです。

Overtureも新しくなり、楽曲は1stシングルに収録されている全7曲と新たに書き下ろした「櫻坂の詩」を含めた8曲を披露。

僕は欅坂46のデビューカウントダウンライブも参加していて、あの日から5年経ったのかと思うと感慨深いです。

制服も白くて爽やかな感じがすごく良くて、これからの活躍が楽しみになりました。

コロナの影響があり、声を出しての応援ができなかったのが残念でした笑。

早く目の前でパフォーマンスを見たいですね。

ひとりひとりがこれからの意気込みなどを話すシーンで特に印象的だったのは、ゆっかーがにこやかに晴れやかな感じで話していて、櫻坂46の未来は明るいなというのを感じました。

楽曲の感想

ユニット曲はなく、センターは2期生の森田ひかる、藤吉花鈴、山﨑天の3人が務める新体制で今までとは違った雰囲気のパフォーマンスを見ることができました。

「なぜ 恋をして来なかったんだろう?」は、観客有りのライブだったらめちゃくちゃ盛り上がるだろうなと思いました。

MVでの印象もあると思うのですが、「Buddies」がすごい爽やかでこれからの櫻坂46を象徴するかのような曲だなと思いました。

やっぱり、パフォーマンスをしている時のアイドルは輝いていて最高ですね。みんな可愛かったです。

「櫻坂の詩」は明るい感じで、手で表現した桜のポーズが可愛かったです。

今後はユニット曲やソロ曲があるのかなと思うと、とても楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました