【20代必見】20代のいま、やっておくべきお金のこと

お金



誰だって
「お金のことで困らない人生」
「やりたいことができる人生」
を送りたい。



では、お金で苦労しない人とする人の違いは何か?
それは、すべて20代で決まります。



お金から自由になるために必要なのは、お金の基本的なルールを知って、実行することです。
そう、20代のうちに。



この本には、プロローグと第1章から第8章まであります。


目次

プロローグ
若い時からお金のことを考えておかないと、人生やりたいことがやれなくなる。


第1章 お金の基本
いまからお金のセンスを磨いていこう!


第2章 生活とお金
節約はせこい!と思うのは、大いなる勘違い。生きたお金の使い方をしよう!


第3章 仕事とお金
最後に残るのは自分が稼いだお金だけ。仕事で実力をつけることが、お金を貯める近道


第4章 貯金とお金
25歳で貯金ゼロでも、今日からきちんと貯めれば、1億円の道がひらけている!


第5章 自己投資とお金
お金は自分にも投資しよう。だけど飲み代を自己投資費と勘違いしないこと!

第6章 結婚とお金
1人より2人のほうが貯金も夢もずっと大きくなる。


第7章 将来とお金
将来のことを頭の隅におきながら、お金のことを考えていこう!


第8章 老後とお金
老後のことはまだ考えなくていいけど、そのときのためにいま、しておくことがある。



とまあ、章のタイトルを見ればわかるように、人生の時系列に沿ったそのときやるべきことを丁寧に説明してくれています。



僕がこの本を読んで、一番納得したのは「ビンボー項目とぜいたく項目をつくって、生活にメリハリをつけよう!」のところです。



限られた収入で生活の満足度、充実度を高めるために、メリハリのある使い方をするというものです。



僕の場合だと、お菓子などは全く買わないです。細かい支出が好きではないです。けど、好きなアイドルのライブや舞台などを見に行くと、とても充実した気持ちになれるので、そういうお金の使い方をします。



あと、この本を読まなくともきちんとお金の管理をしている人にはわかると思いますが、お金を貯めようと思ったらキャッシングやリボ払いは絶対してはいけないです。理由が分からない人は是非この本を読むことをお勧めします。



生きていく上ではお金は切っても切り離せません。よくわからないから、お金について勉強しないのでは、自分の身を滅ぼしかねないです。



しかし、心配する必要はない。お金の教養をきちんと身に着ければ、将来お金に苦労することなく人生を楽しむことが出来るでしょう。今からでも遅くありません。いやむしろ20代の今こそお金について学ぶべきです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました