カイジ「命より重い!」お金の話 この世には、勝つ人だけが知っている残酷なルールがある

お金



【問題】
あなたは、銀行から年率12%で100万円を借りました。銀行から「返済が大変でしょうから、返済は月々1万円でいいすよ」と言われます。毎月の返済額が減るのは、あなたにとっても嬉しいことであり、さっそくその条件で契約しました。さて、あなたが借金を返済し終わるのは、何年後のことでしょうか?※なお、金利は「単利」とする。


A 5年
B 8.3年
C 10年




正解は、、、


「返済は永遠に終わらない」です



一体どういうことでしょうか?



・あなたが借りたお金 100万円
・金利(年率)    12%



です。この時、あなたが払う利息は毎年12万円になります(100万円×12%)



ここで、毎月1万円返済していくということは「あなたの返済額は、毎年12万円」になります。つまり、あなたが返済している「毎月1万円」はすべて金利部分であり、元本の返済はしていないことになります。



元本が減っていないため、翌年も借りている金額は100万円です。そして同じように金利が発生します。しかし、翌年12万円”返済”しても、元本は減らず、また次の年も同じことの繰り返し。



ということは、あなたは永遠に毎月1万円返済し続けなければいけないということ。10年後も、20年後も30年後も、、、。



この問題はこの本の冒頭に書かれているものです。僕もこの問題を見たとき、違和感を感じながらもCを答えていました。あなたはどうでしょうか。



この問題にA~Cの選択肢を選んでしまった場合、カイジをはじめとする「借金地獄」に陥った人々と同じ”素養”があります。



カイジは、本当にダメな男です。金額も契約内容も知らないでバイトの後輩の連帯保証人になり、借金地獄に陥りました。帝愛グループの罠から命からがら生還したのに、地道に働くことよりもギャンブルで稼ぐ道を選びました。そして、お金のありがたみを知ったはずなのに、次の日に全額パチンコですりました。



普通では考えられないほどのダメっぷりにこれはマンガだからなんて思っていませんか?



しかしこれは誰にでも起こりうることなのです。僕と同じく問題が解けなかった人は「カイジ」になってしまう恐れがあるのです。



選択肢に答えがないのはせこいなどと言っている場合ではありません。



しかし選んでしまったのは、あなた自身です。



帝愛グループが仕組んだような罠は、マンガの中だけの話ではありません。あなたの身近にも忍び寄っているのです。



もしあなたが勝つ人だけが知っている残酷なルールを知りたければ、この本を是非読んでください。


目次

序章 ようこそ、クズのみなさま


第1章 給料が少ない……?現実を見ろ!


第2章 金は、自分で守らねばならないのだ!


第3章 知らないやつは、勝負の前に負けている!


第4章 圧倒的勝利を呼ぶ、マネー思考を身につけろ


終章 お金に振り回されないために、本当に必要な力

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カイジ「命より重い!」お金の話 [ 木暮太一 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2019/7/5時点)

文庫本はこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました