欅坂46 THE LAST LIVE セットリストまとめ

欅坂46、日向坂46

2020年10月12、13日に欅坂46としては最後となる、オンラインライブが開催されました。セットリストやライブを見た感想をまとめました。


セットリスト1日目

01 サイレントマジョリティー
02 大人は信じてくれない
03 エキセントリック
04 語るなら未来を
05 月曜日の朝、スカートを切られた
06 Student Dance
07 カレイドスコープ
08 渋谷川
09 I’m out
10 Nobody
11 東京タワーはどこから見える
12 避雷針
13 不協和音
14 キミガイナイ
15 君をもう探さない
16 もう森へ帰ろうか?
17 黒い羊


セットリスト2日目

01 危なっかしい計画
02 手を繋いで帰ろうか
03 二人セゾン
04 太陽は見上げる人を選ばない
05 制服と太陽
06 世界には愛しかない
07 コンセントレーション
08 Deadline
09 10月のプールに飛び込んだ
10 砂塵
11 風に吹かれても
12 アンビバレント
13 ガラスを割れ!
14 誰がその鐘を鳴らすのか?
15 サイレントマジョリティー

櫻坂46
16 Nobody’s fault


1日目のライブを見た感想

ライブ前半はかっこいい曲の連発。

カレイドスコープは初披露。キュート系のメンバーでのユニットで、可愛らしいダンスでした。

メンバー 上村、原田、武元、藤吉、井上、森田

不協和音でのゆっかーの「僕は嫌だ」が最高にしびれました。

会場の床のところに映像や文字を投影するなど、オンラインライブならではの演出がありました。

ただ、やはり生で見たかったという思いがあります。

2日目のライブを見た感想

最初の方は普段のライブのラストの方にやる楽曲が多く、テンション上がりました。

世界には愛しかないの、ゆっかーのセリフ「夕立や予測できない未来も嫌いじゃない」の言い方が前を向いている感じがして、とても印象的でした。

最後のサイレントマジョリティーを披露前後でのゆっかーの言葉に感動し、涙してしまいました。

感動に浸っていたのも束の間、櫻坂46 1stシングル「Nobody’s falut」を披露。

森田ひかるちゃんセンターで、今後の活躍が楽しみですね。

2日間通しての感想

MCは一切なく、テンポよく曲が披露されました。5年間の歴史を物語る曲の数々。

メンバーをフォーカスして欅坂46の活動を映像で振り返るシーンは心にグッとくるものがありました。

このライブを生で見れなかったのが悔やまれますが、僕たちファン以上にメンバーの方がもっと悔しい思いをしていると思います。

欅坂46の楽曲に、どれだけ勇気づけられたことか。正直、もう欅坂46としてのパフォーマンスが見られなくなるのは寂しいです。

でも櫻坂46として形を変えても、変わらず応援していこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました