乃木坂46 10th YEAR BIRTHDAY LIVEセトリまとめ

乃木坂46

2022年5月14,15日に日産スタジアムにて、乃木坂46 10th YEAR BIRTHDAY LIVEが開催されました。セットリストをまとめました。


DAY1 セットリスト

00 OVERTURE
01 ぐるぐるカーテン
02 おいでシャンプー
03 走れ!Bicycle
04 指望遠鏡
05 せっかちなかたつむり
06 狼に口笛を
07 制服のマネキン
08 でこぴん
09 他の星から
10 バレッタ
11 君の名は希望
12 ロマンティックいか焼き
13 ガールズルール
14 気づいたら片想い
15 夏のFree&Easy
16 何度目の青空か?
17 ここにいる理由
18 命は美しい
19 僕がいる場所
20 今、話したい誰かがいる
21 太陽ノック
22 悲しみの忘れ方
23 ハルジオンが咲く頃
24 サヨナラの意味
25 裸足でSummer
26 きっかけ
27 絶望の一秒前
28 ごめんねFingers crossed
29 インフルエンサー
30 他人のそら似
31 I see…
32 スカイダイビング
33 君に叱られた
34 ジコチューで行こう!
35 夜明けまで強がらなくていい
36 僕は僕を好きになる
37 Sing Out!
アンコール
38 会いたかったかもしれない
39 ハウス!
40 乃木坂の詩

約4時間の公演でした。


DAY1 開演前の様子 その他

DAY1を見た感想

座席はアリーナCブロックでした。メインステージからは割と近かったです。

モニターは真正面にあって見やすかった。

座席の前付近でスタッフが何かを隠しながら準備していました。何だろう?と思ったら、白と紫の風船が一斉に空に放たれました。綺麗でした。その後しばらく風船を見てました笑。

「せっかちなかたつむり」のさくちゃんが可愛かった〜。

曲に入る前のメンバーからのメッセージ的なやつで、「もうやらないと思っていました」からの流れで急に会場がざわつき始めて、生駒ちゃんが登場!「制服のマネキン」を披露。

感動しました!

ステージからアリーナを囲むように通路があって、そこを通ってメンバーが近くに来てくれました。僕の座席付近には、りりあん・あやめちゃん・まあやとかが来てくれました。

アリーナの端で噴水の演出があって、その水に思いっきりかかりました。正直不快でした笑。湿気がすごかった。

「ここにいる理由」でまさかの万理華が登場。驚きました。

「悲しみの忘れ方」の後のMCの時にトイレに行きました。会場が広すぎて、トイレに行くまでにめちゃくちゃ時間がかかりました。

それで、演出の都合上、アリーナの入り口付近で足止めを食らって憤っていたら、「ハルジオンが咲く頃」を目の前で見ることができました。めちゃくちゃラッキーでした笑。

メインステージの反対側のサブステージで披露してくれたのです。しかも、メンバーが通路を通る時に手を振ってくれました!確実にレスをもらいました。

次の「サヨナラの意味」はメンバーがメインステージに戻ってしまったので全く見れませんでした笑。

その後にやっと座席に戻れました。

「絶望の一秒前」は初めて見たのですが、曲のタイトルとは違い、曲調が希望を感じるというか明るい感じがしました。モニターの歌詞の文字もキラキラ光ってました。

「I see…」はやっぱり盛り上がりますね!かっきーが会場を煽っていました。

10周年スペシャル企画と題してドローンを使って会場全体を撮った写真がとても綺麗でした。

その後、オーケストラによる生演奏で3曲披露。スクリーンの映像がすごく綺麗でステージをずっと眺めてました。

アンコールで生駒ちゃん・万理華も参加。2曲披露したのち退席。その背中がとても大きかった。

最後は「乃木坂の詩」で終了。

DAY2 セットリスト

00 OVERTURE
01 インフルエンサー
02 逃げ水
03 いつかできるから今日できる
04 スカイダイビング
05 三番目の風
06 日常
07 誰よりそばにいたい
08 キャラバンは眠らない
09 ジコチューで行こう!
10 空扉
11 帰り道は遠回りしたくなる
12 ありがちな恋愛
13 夜明けまで強がらなくていい
14 Sing Out!
15 4番目の光
16 毎日がBrand new day
17 I see…
18 しあわせの保護色
19 シンクロニシティ
20 世界中の隣人よ
21 Route246
22 僕は僕を好きになる
23 ごめんねFingers crossed
24 君に叱られた
25 最後のTight Hug
26 絶望の一秒前
27 届かなくったって…
28 Actually
29 制服のマネキン
30 世界で一番 孤独なLover
31 他人のそら似
32 おいでシャンプー
33 夏のFree&Easy
34 太陽ノック
35 裸足でSummer
36 きっかけ
37 サヨナラの意味
38 君の名は希望
アンコール
39 ガールズルール
40 ロマンスのスタート
41 乃木坂の詩

約4時間の公演でした。


「真夏の全国ツアー2022」開催決定!

7月19日(火)20日(水)
大阪:大阪城ホール

7月23日(土)24日(日)
広島:広島グリーンアリーナ

7月30日(土)31日(日)
福岡:マリンメッセ福岡

8月11日(木)12日(金)
北海道:真駒内セキスイハイムアイスアリーナ

8月24日(水)25日(木)
愛知:日本ガイシホール

8月29日(月)30日(火)31日(水)
東京:明治神宮野球場

DAY2 開演前の様子 その他

DAY2を見た感想

会場のアナウンスを今野さんがしていました。結構噛んでましたね笑。10周年の感謝を述べていました。

座席は北スタンド2階でした。会場全体が見渡せる位置でした。

DAY2の風船は赤でした。「インフルエンサー」で会場も真っ赤に染まっていました。

与田ちゃんが2日目に参加できて良かったですね。

「三番目の風」はテンション上がります。

「空扉」の爽やかな夏の感じが好きです。

「帰り道は遠回りしたくなる」で、なぁちゃん登場。

みんなよりスカート丈が短くて恥ずかしがってました笑。

「ありがちな恋愛」「夜明けまで強がらなくていい」でめちゃくちゃクールな流れ。

「しあわせの保護色」の途中でまいやん登場。そのまま「シンクロニシティ」披露。

この流れ最高でしたね。

VTRでコロナの話。あの当時、ライブができるのは当たり前ではないことを痛感しました。

それ以前もなるべくイベントは行くようにしていました。今は尚更、行ける時に行こうと強く思います。推しは推せるときに推せってやつですね。

「最後のTight Hug」でいくちゃん登場。推しタオルを持っていって良かったです。

ミュージカルの忙しい合間を縫って来てくれました。

「Actually」はライブ映えする曲だなと思いました。

「制服のマネキン」「世界で一番 孤独なLover」でクールな感じ。

DAY1同様、10周年スペシャル企画と題してドローンを使って会場全体を撮っていたら、モニュメントのところにまいやん・なぁちゃん・いくちゃんが登場。

10周年を記念して乃木坂に10本の火を送ってくれました。

11年目ということで、最後にステージの上に火がつきました。オリンピックの聖火みたいでした。

「おいでシャンプー」の後、3曲連続で夏曲を披露。

その後の3曲はオーケストラで生演奏。

アンコールで卒業生(白石・西野・生田・高山・松村)が登場。

「ガールズルール」のまいやんの煽りが最高でした。

関係者席にはバナナマンの2人がいました。

最後は「乃木坂の詩」で終了。スクリーンにはファンからのメッセージや写真が写っていました。

2日間見た感想

初の日産スタジアムでの開催。とにかく会場が広かった!10周年という節目。

今までの乃木坂の歴史を振り返るライブでした。

僕が乃木坂を好きになってから7年以上経つので、感慨深いですね。

メンバーが続々と卒業し、5期生が加入して、また新たな乃木坂46が見れると思うと、どこか寂しいようなでも楽しみでもあります。

3年ぶりの神宮も開催決定。僕は2017年以来なので5年ぶりになります。絶対行きたいですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

6th YEAR BIRTHDAY LIVE(完全生産限定盤)【Blu-ray】 [ 乃木坂46 ]
価格:28255円(税込、送料無料) (2022/5/18時点)


コメント

タイトルとURLをコピーしました