【舞台】フラガール -dance for smile-を観に行ってきた!【樋口日奈主演】

舞台・ミュージカル

2021年4月3日〜4月12日に東京・Bunkamuraシアターコクーンにて、舞台「フラガール -dance for smile-」が開催されました。

4月4日の17時公演を観に行ったので、その感想を書いていきます。


キャスト

樋口日奈(乃木坂46)
矢島舞美
山内瑞葵(AKB48)
安田愛里(ラストアイドル)

高橋龍輝
吉田智則
武田義晴
工藤潤矢

隅田杏花
朝倉ふゆな
吉田美佳子

近藤雄介
黒川恭祐
松本有樹純
濱田和馬
岩上隼也
草野剛

秋谷百音
大串有希
尾崎明日香
三橋観月
古田小夏
相吉澤栞音
Mirii

有森也実

あらすじは公式サイトをご覧ください

フラガール − dance for smile – | Information | 株式会社アール・ユー・ピー
舞台・映像 企画制作プロダクション 株式会社アール・ユー・ピーのホームページです。

舞台を観た感想

舞台を観に行く前に、何も事前知識を入れずに行ったので、主人公の樋口日奈ちゃん演じる紀美子が登場した時に、言葉が訛ってたので、訛ってる〜と思いました笑

昭和40年、福島県いわき市の炭鉱の町が舞台。

訛りを聞いて、朝ドラの「あまちゃん」を思い出しました。

常磐ハワイアンセンターは後に、スパリゾートハワイアンズになるので、これは実話なんですよね。

気分はもう「フラガール」

1965年頃の話で、町おこしのために常磐ハワイアンセンターを建設しようとする中、労働者は反対。

内容が二項対立なため、喧嘩?というか言い合いのシーンなどが多く、少し観ていて疲れました笑。

あと、シアターコクーンは結構狭い劇場なので、演者の声がかなり響いていました。

大きく演じるというよりは、叫んでいるような感じに近くて、演技はとても良かったのですが、声のトーンはもうちょっと調整していいかなと思いました。

あと、訛っているせいで「何言ってるか分からない」というシーンがあったのですが、そこ以外も本当に何を言っているか分からないシーンもありました笑。

字幕が欲しいですね笑。

「〜くんちぇ」っていう訛りが何度も出てきて、とても印象的でした。

フラダンスを教えてくれる平山まどか先生は腕が細長くて綺麗でした。

フラダンスを披露し終わった後に会場から拍手が。

フラダンスのチームは最初は数人しかいなかったのが、徐々に増えていき、人前で披露できるまでに。

公演の最後の方に、フラガールたちがフラダンスを披露。

紀美子を演じる樋口日奈ちゃんのフラダンスはめちゃくちゃセクシーでした笑。1人だけ衣装が違いました。

ダンスもすごく良かったですし、歌も上手でした。耳に残る感じの曲でした。フラガール〜フラガール♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました